お手入れが大事

給湯器を長持ちさせるために

マンションなり一戸建てなりマイホームを購入した方は普段の住宅ローンの支払い以外にも何かとお金が必要となります。毎年の固定資産税の支払いもそうですが修繕・リフォーム費用も必要となります。リフォームの中には給湯器設備の修理や交換も含まれます。給湯器の寿命は平均10年とされています。多少の前後はありますが、新築物件を購入したのであればそこから約10年で交換が目安となります。10年経過しても問題なく動いていても故障して急に動かなることが考えられます。給湯器のモデルが古いと修理する部品がなくなっていることが大いにありますし、買い替えする場合でも今現在設置しているスペースに収まるかどうかといったことがよくあります。

普段からの手入れについて

給湯器はお手入れが最も大事です。吸気口や排気口が埃でふさがっている時は取り除いたりドレン配管の先端が落ち葉やゴミで塞がっている時には取り除いたりちょっとしたことが長持ちさせることにつながります。試用期間が7年を超えた時に何か異常を感じた時にメーカーに修理してもらった時に合わせて交換した場合の見積もりも合わせてもらいます。今のスペースに入る給湯器はあるのかどうかそして値段はいくらくらいするのかを知っておけば急に故障して修理もできないといった時にスムーズに新品に交換することが出来、お湯がでないといったことにもなりません。